バイリンガルは何語で思考する?

今日は、Universal KDISのNaokoです。

 

さて、表題についてですが、
先日メールでこんなお問合せがありました。

「バイリンガルの人は思考は
どちらの言語でしているのでしょうか?

思考が人格を作り上げると思うので、
そうすると家庭での言語は
1言語にした方が良いでしょうか?」

 

この質問は2つに分けて考えられると思います。

1.バイリンガルの思考はどちらの言語でするのか?

2.思考が人格を形成するのか?それなら家庭での言語は1つの方がいい?

 

今回は1つ目についてお話しましょう。

 

*****バイリンガルの思考はどちらの言語でするのか?*****

これはバイリンガルのレベルや
環境に左右されるようです。

皆さんも 海外に住んで
現地語を使うと思うのですが、
現地語初心者の時や久しぶりに
使った時のことを思い出してみて下さい。

きっと現地語を話す前に頭の中で
日本語で考えてから
現地語に訳していたと思います。

 

では、みなさんが「Thank you very much!」という時、
先に頭の中で日本語から訳していますでしょうか?

きっと訳さずにスムーズに口から
出ていると思うんですよね。

それは、そのフレーズを熟知していて、
訳す必要がないからです。

 

現地で何回も聞いたり、
使い慣れたフレーズであれば
一々訳さなくてもいいんです。

使い慣れた言葉は現地語で考えて、
そのまま使っているんですよね。

 

また、言語によって
文章の組み立て方も違いますから、
思考してそれをアウトプットするなら、
思考は現地語という事に
なるのではないでしょうか。

バイリンガルは現地にいる時、
または現地語の人といる時は現地語で、
日本にいる時や、日本人の集まりの時は
日本語で思考しているようです。

よく皆さんのお子さんが
現地の学校から帰ってきた時に

お母さんが「今日は学校で何した?」と聞くと
「えーっと、英語(又は現地語)でもいい?」
なんて言った事ありませんか?

学校で起こったことは
学校で使う言語で話した方が簡単なんですね。

だって、ずっと現地語で過ごして、
面白かったことも
嫌だったことも、
勉強したことも現地語ですもん。

たくさん話したいのに
いちいち訳してられないですよね。

実際にバイリンガルの研究で
環境によって思考言語が変わるという
結果もありますし、

バイリンガルに聞いてみたところ、
やはりそうだという答えが返ってきました。

但し、新しいフレーズや知らない単語に出会った時は
得意な言語に置き換えて理解することもあるようです。

 

バイリンガルは夢も両方の言語でみるそうですよ(笑)

 

では、2つ目についてはまた次回。

今日も読んでくださり有難うございました。

********************************************************

Facebook
https://www.facebook.com/universalkids.com.au/

メルマガ登録
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=479725

*******************************************************
アメリカ、ベルギー、ドイツからの教育の専門家と
オーストラリアからは私の4人で始めた
日本語継承ワールドアカデミー

子どもの基本は家庭からという事で、
「家庭教育のプロを育成する」講座を開講中。

参加者は世界各地から。

2019年 0~6歳編、1~3年生の第1期が終了、
3か月で親子でこんなに変われるんだと
驚きの声が続出。動画をご覧ください。
https://youtu.be/JPB9p8Sb2SU

2020年4月開始のクラスや
セミナーなどもおしらせ致します。

バイリンガル家庭教育に役立つ情報を
ライン@で配信中(^^)
情報配信はLINE@はこちらを検索してください。
@nihongo123 (@もお忘れなく)

 

メールマガジン配信中お気軽にご登録ください
ユニバーサルキッズではバイリンガル子育てを中心に保護者の方々の悩みを解決できるような話題を中心にしたメールマガジンを発行しております。
教師経験25年以上の代表 内野尚子によるバイリンガル子育てに役立つ情報をお届けいたします。

無料体験入学
お問い合わせはお気軽に