大学選びは日本と違う!

こんにちは。

私たちの子ども達が 将来世界のどこかで活躍している!
そんなことを楽しみに毎日子ども達と向き合っています。

 

さて、先日 日本から来ていた方から質問されました。

 

「オーストラリアの大学はどこがいいんですか?」

 

 

日本人はどうしても大学のランクを考えてしまうんですね。
仕方がないです、
そうやって 育ってきましたもん私達親は。

でも、もしこちらで大学を探すなら
その考えは捨てた方がいいです。

私も考えを捨てるのに 随分時間かかりました。
娘とは さんざん議論しました。
ケンカもしました。

オーストラリアの大学はコースごとに希望を出します。
日本より細かく分かれています。
日本より多く、色んなコースがあるんです。

そしてどの大学で選ぶというより、
何を勉強したいかで選びます。
日本と同じようなランキングはありません。

前年度の結果から
足切りポイントやランキングは一応出ていますが、
日本と同じように考えない方がいいです。

少し前に世界の大学ランキングというのが
発表されていて、
その中に オーストラリアの大学も2校入っていましたが、
それに影響されない方がいいでしょうね。

これから、大学入試も科目だけでなく
コミュニティサービスや
高校時代の課外活動などが
受験に考慮されてくるようになるようです。

試験のテクニックやアカデミックな結果だけでは
大学に行けないようになるかもしれません。
結局は卒業後、如何に社会で使える人になれるかが重要だというのです。

アメリカのカリフォルニア工科大学のある教授は
学生を選ぶ時 1週間くらい一緒に過ごしたり研究したりして選ぶそうです。

また、やはりアメリカのティールフェローシップという奨学金は、
大学に行かないことが条件で
ベンチャーをやろうとしている人を対象に
口頭面接で審査します。
(「最先端の教育」祥伝社 竹内薫、茂木健一郎著より)

こういうのを知ると、
日本の「いい大学に入る」というのは
日本でしか通用しない、、、ということが分かってきます。

いずれにしても
親としては頭を柔らか~くしておかないと
こどもを追いやってしまうかもしれませんね。

 

無料体験入学
お問い合わせはお気軽に