お子さんの生活に当てはまるものは?

(Cは、AとBが同じぐらいの割合の時)

お子さんが通っているのは?

:現地の学校・幼稚園

:日本語の学校・幼稚園

:両方

お父さんとの会話は?

:英語

:日本語

:両方

お母さんとの会話は?

:英語

:日本語

:両方

兄弟との会話は?

:英語

:日本語

:両方

保護者同士の会話は?

:英語

:日本語

:両方

本を読む時、または

読んで聞かせる時は?

:英語

:日本語

:両方

DVDや映画は?

:英語

:日本語

:両方

習い事は何語?

:英語

:日本語

:両方

日本語、または日本の幼稚園や

学校に3年以上通ったことがある。

:いいえ

:はい

 

 
10 読み書きできるのは? :英語 :日本語 :両方

 

 

 

 

 

 

 

 

「A」が6つ以上:

英語はまずまずですが、日本語は危険にさらされています。英語をしっかりキープしたまま 日本語維持対策を考えましょう。お子さんが小学校高学年以上であれば、早いうちに手をうたなければ、後で挽回しようと思っても難しいでしょう。

 

「B」が6つ以上:

日本語はまずまずでしょう。気を抜かずこつこつと続けることが大事です。しかし英語が弱いため、学校や幼稚園に行くのを嫌がったりしてはいませんか?現地の学校や幼稚園に通っているのなら、英語力を伸ばすことも考えてあげましょう。中途半端な英語で話しかけたりせず、きちんとした英語を習うようにしましょう。

「C」が6つ以上:

英語と日本語のバランスが取れています。但し、日本語も英語も先生などにきちんとみてもらい、両方が中途半端になっていないか時々確認することをお薦めします。今後も両方の能力を下げないよう努力が必要です。